2012年03月12日

【富山県教育活動応援者紹介】富山市立北部中学校 三守 圭子さん

三守01.jpg
富山市立北部中学校 三守 圭子 先生(72才)

●現在(または過去に)、学校にて行っている教育活動応援者の内容をお教えください。
登校しているが自分の教室に入れない生徒に対して、担当教諭の指導管理下で個別に学習支援をしたり、話し相手になっています。

●教育活動応援者を始めたのはいつ頃からですか。また、頻度はどの程度ですか。
教育活動応援者は6年目。
週2日、9時から午後2時くらいまで。給食を生徒と一緒に食べています。

●教育活動応援者を始めた動機・きっかけをお教えください。
定年まで勤務していた中学校がなつかしく思われ、自分のできることで、地域に貢献したいと思いました。
最近、先生方が大変多忙なことをよく知っているので、少しでも助けになればと思っています。

三守02.jpg

●教育活動応援者をしていて、やりがいや嬉しかった事など感じていることは?
自分が教えていた教科(数学)を教えることができることと、子どもたちが興味をもって意欲的に取り組んでくれるときはとても嬉しいです。これがきっかけとなって他のことにも前向きに進んでくれるとなお嬉しいなと思っています。

●今後の活動目標やライフワークなどご自由にお書きください。
いま部屋に通っている子どもたちも、環境が変われば必ず新たな一歩を踏み出せると信じているので、力をつけるようにしつつ見守っていきたいです。
心身の健康が許す限り、先生方や子どもたちと一緒に過ごす時間をもちたいと思っています。

●これから教育活動応援者をお考えの方へ、一言アドバイスをお願いします。
活動の目標をきちんと持って取り組むことで、教育活動応援者として充実感を持つことができると思います。
リーダーや担当者との意見交換や共通理解の場をできるだけもつようにするのが大事です。

三守03.jpg
posted by T-EACHネット at 11:41 | 学習指導